に戻る 思い出の山シリーズ 9
白  山

期日 1984年(昭和59年) 8月6日(月)〜9日(木)
(作成日 2005年12月14日)
 


第1日 8月6日(月)

  宇都宮 ⇒ 東京 ⇒(東海道新幹線)⇒ 名古屋(泊)


第2日 8月7日(火)

  名古屋 ⇒(高山本線)⇒ 高山 

  高山 ⇒ 御母衣ダム ⇒ 平瀬温泉(民宿 白山館)


第3日 8月8日(水)

  白山館 ⇒ 白水湖

  白水湖→(3:00)→大倉山→(1:40)→室堂→(40)→御前峰→(30)→室堂→(1:00)→

  →大倉山→(2:00)→白水湖

  白水湖 ⇒ 白山館


第4日 8月9日(木)

  白山館⇒御母衣ダム⇒高山

    高山⇒(高山本線)⇒名古屋⇒(新幹線)⇒東京⇒宇都宮

 宇都宮−高山往復は電車利用。 高山でレンタカー借用(3日間)

 1980年から,夏休みを利用して,職場の仲間と泊付きで山登りをしている。同僚のMさんが,経験が豊富であり,彼が計画をして私たちを連れて行ってくれている。
 80年は,
奥穂高へ登り,81年は八ヶ岳へ登った。82年は谷川岳へ登った。83年は,記憶にはないが何かの事情があって山登りはしなかった。
 
84年には白山に登った。しかし,この登山は,あくまで「旅行のメイン」ではないということだった。名目は,「合掌造りの集落を訊ねる観光旅行」だった。白山はそのついでに「チョット行ってみよう」ということだったのだが,白山はそんなに簡単に登れる山ではなかった。

第1日 8月6日(月)
 今日は名古屋までの行程。JR(当時はまだ「国鉄」だったかな?)宇都宮駅に集合したのは午後4時30分。
 上野行きの普通電車に乗り込むと,Kさんなどは,我慢できず,カップの日本酒を飲み出した。

名古屋駅前の居酒屋で夕食兼宴会。山に登ることなど,頭の中からはすっかり消え,おおいに盛り上がった。

 この日は,駅前のビジネスホテルに宿泊。 
第2日 8月7日(火)
 名古屋から高山までは特急電車で車窓の景色を楽しみながらの旅。高山駅レンタカーを借り,白川郷へ向かった。国道158号で松の木峠を越え,荘川村で国道156号に入り,北上した。
 御母衣ダムは日本では珍しいロックフィルダムで,当時世界第2位の大きさを誇っていた。

 合掌造りが保存されている「荻町集落」は,高台からその全体が見渡せる。内部が公開されているものもあり,その一つに入って見学することができた。

 建物の構造というものは,そこに住む人間の生活様式や,生産活動と深く関わっているものであり,生活様式が変化した中で,建物を維持していくということはかなり困難なことなのだと言うことが分かった。
 合掌造りは,大家族が住み,上層の階で養蚕を行っていた。1階が作業場であり,2階が居住区で3階から上が養蚕場だ。


第3日 8月8日(水)
 いよいよ今日は「白山」に登る。高山植物で「ハクサン」の名を頂いたものはたくさんある。当時は,それほど高山植物には興味がなかったのだが,かなりたくさんの花を写してきていた。
  2日間お世話になった
白川村白瀬温泉の「白山館」。純日本的な旅館で心のこもったもてなしを受けた。白山館の現在の姿は白山館のホームページで見ることができる。9人のうち2人は都合で帰宅。白山へは7人で登った。

 登山口へ向かう途中,山頂が望める場所があった。
「あそこまでいくのー?」と他人事のように眺めていたが,徐々に覚悟ができていった。


 登山開始は午前7時。先は長い。
 この登山では,ひとつの「遊び」を考えていた。それは,スイカを担ぎ上げ,頂上で食べようというものだ。左の写真で中央のMさんが抱えているものがそれ。みんなで交代で持とうと言うことだったが,みんなそれどころではなく,ほとんどMさんが持っていた。
 良く見ると登山口の看板に「
白山まで約8KM」と書かれている。登山口の標高が1240m,山頂が2702mだから,標高差は1400m以上ある。これを日帰りするというのだから,決して楽な登山ではなかったが,そこは若さで切り抜けた。

 アカモノは「シラタマノキ」の仲間で,白い花が咲く。花が終わった後,赤色のがく片が成長して果実を包み込み,「赤い実」となる。食べたことはないが,食べると美味しいという。

 高度を上げていくと,白山の南に位置する別山が見えてくる。かなり遠い。


 眼下には白水湖が見える。水がいつも白濁しているのでこの名前があるという。
   キヌガサソウ
     
 サンカヨウ(実)
  エンレイソウ

 ミヤマコウゾリナ
 ホタルブクロ
  白花は珍しい

     

 ハクサンコザクラ

        クロユリ





      イワギキョウ
 途中までは天気はよかったのだが,室堂に着く頃からガスに覆われてきた。御前峰に登る途中,ガスが切れて室堂平が少しだけ見えた。 



白山(御前峰)山頂
  山頂まで登ったのは5人。2人は室堂止まり

 
 山頂から大汝峰を望む(天候も悪く,時間もなかったので大汝峰までは行かなかった。)


   クルマユリ

 イワカガミ


 アオノツガザクラ
      
 山頂から室堂まで戻り,待っていた2人と合流し,下山を始めた。間もなく,雨が降ってきた。せっかく担ぎ上げたスイカを何処かで食べようとしたのだが,雨が降っていたのでは如何ともしようがない。

 一時,雨が上がったので,カッパを脱ぎ,ここで,担ぎ上げたスイカを食べることにした。
 雪渓を吹き下ろしてくる風が冷たく,指先がかじかむほどだった。
 ここで食べたスイカの
生温かな味が,美味しかったことが記憶の中に残っている。
  シモツケソウ
 また,雨が降ってきた。再びカッパを着て,ひたすら登山口を目指し黙々と歩いた。


  エゾシオガマ

 オオカニコウモリ

 登山口にたどり着いたのは午後5時を過ぎていた。全行程10時間(休憩を含む)の,かなり厳しい一日だった。

第4日 8月9日(木)
 「白山館」にもう一泊し,帰路についた。 御母衣ダムを再度見学し,高山駅へ向かった。


 駅前でレンタカーを返し,時間があったので街に出た。しかし,この後,とんでもないハプニングが待っていた。

 
上・下三之町を散策し,適当に時間を潰し,駅に戻ったが,別行動だった女性2人がまだ戻らない。指定券を取った特急電車の発車時刻は迫ってきたが,2人の姿は見えない。切符は各自が持っているので,とりあえず我々だけで先に行き,名古屋駅で待つことにした。
 電車に乗っていると,車内アナウンスで呼び出しを受けた。車掌室に行ってみると,2人からの電話だった。
 駅員のはからいで,そのままの乗車券で
次の特急に乗ることができたので,名古屋駅で待っていて欲しいということだった。一時はどうなることかと思ったが,2人にとっても我々にとっても,忘れられない思い出となった。
 ということで,
宇都宮駅に着いたのは深夜だった。