茶 臼 岳

期日 2017年(平成29年) 3月20日(月・春分の日)
 


コース・タイム
 自宅(6:31) ⇒ ロープウエイ駐車場(7:47)
  駐車場(8:25) → 峠の茶屋(8:53) → 中の茶屋跡(9:26-32) → 峰の茶屋(10:10-20) → 山頂(11:09-18) →
     → 分岐(11:27) → 峰の茶屋(11:51) → 峠の茶屋(12:27) → 駐車場(12:38)
 ロープウエイ駐車場(13:14) ⇒ 自宅(15:25)

同行者
  単独

 冬型の気圧配置が崩れ,風が弱まるという予報が出たので,那須茶臼岳に登ることにした。那須ロープウエイが3月18日に運行を初め,ロープウエイ駐車場までの道路が通れるようになった。ただし,この時期のロープウエイは,強風のために欠航することが多く,なかなかダイヤ通りには動かない。ロープウエイが利用できるようならば,ロープウエイで登り,峰の茶屋経由で降りることにした。もし,ロープウエイが欠航していたら,往復共に峰の茶屋経由で登ることにした。いずれにしても,那須は風の強いところなので,峰の茶屋まで行くことさえできないこともある。
 ロープウエイの始発が9:00なので,一応それに間に合うように6:30に宇都宮の自宅を出た。高速道経由で行くと,8:00頃にはロープウエイの駐車場に着くから,車の中で朝食を摂り,準備をしても十分に間に合う時間だ。


 那須ICで高速を降り,那須街道を北上すると,正面に雪を被った那須連山が見えてくる。雲がかかっていて,全体は見えない。


 湯本温泉を過ぎて山道になると,路肩に雪が残っているが,路面には雪はない。


 那須ロープウエイ山麓駅の駐車場に着いた。駐車場は除雪がされており,その一角に車を停めた。ロープウエイの駅に行き,駅員に運行状況について聞いてみたところ,強風のために,運行開始がいつになるかは判らないという。昨日も一昨日も運行開始は午後になったという。


 ロープウエイの利用は諦め,歩いて往復することにした。身支度を調えていると,屈強な男性が登山道を降りてきたので,上の様子を聞いてみた。風が強く山頂に行くのを断念し,峰の茶屋で引き返してきたという。この駐車場でも風は強く,中の茶屋跡から先のむき出しの登山道では,さらに強い風が吹いていることが考えられる。今日は,山頂まで行くのは無理だろうと判断し,峰の茶屋で引き返すことにして,車に積んできたヘルメットピッケルは車に置いていくことにした。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着た。頭にはニット帽を被った。靴は,夏用のTECNICA ACONCAGUAを履き, 軽合金製の14本爪アイゼンストックを手に持ってスタートした。
 駐車場から閉鎖中の車道を横切り土手を上って山道に入る。



 ロープウエイ山頂駅が見える。雲の動きが速く,風が強いことを示している。


 今日のアイゼンは,ネットで見つけた中国製の軽合金製。軽いのが取り柄だが,靴との相性が悪く,踵が浮き上がってずれてしまう。靴を保持する部分を改造して幾分良くなったのだが,今回も歩いているうちに踵が浮き上がってずれてしまった。細いひもで,踵が浮き上がらないように固定して歩いた。

 踵が浮き上がってしまうのは,どうやらアイゼンのせいではなく,に原因があったようだ。今日の靴は,夏用の靴なので靴底が柔らかくできており歩きやすいのだが,踵を上げたときに靴底が反ってアイゼンから離れて浮き上がってしまうようだ。帰宅したら,そのことを踏まえてなんとか方策を考えたい。


 峠の茶屋駐車場には当然のことながら車は停まっていない。たくさんのトレースが付いている。登山者が多い証拠だ。


 駐車場の正面には朝日岳がどっしりと腰を下ろしている。


 登山指導センターの脇を通って登山道に入ると,中程まで雪に埋まった鳥居がある。無雪期にはこの鳥居をくぐるのだが,今日は無理だった。先行者がいたので,鳥居を過ぎてから振り返って撮影。


 鳥居を過ぎた後,夏道は右にトラバース気味に登っていって尾根に出るのだが,今日は,正面の雪の壁を直登して尾根の上に出た。暑くなったのでラテラのDUALUXジャケットを脱いで,薄いウインドブレーカーを着た。この後は今日一日このスタイルだった


 左側の沢に沿って登っていくと,茶臼岳の双耳峰が見える。


 朝日岳の荒々しい岩壁が雪をたっぷりと着けている。


 トレースは良く踏み固められ,足が潜るようなことはない。表面がクラストしているのでアイゼンの歯が気持ちよく食い込む。


 右側には,剣が峰と朝日岳の鞍部恵比寿大黒が見える。


 ここは,かつて中の茶屋という休憩所があったということから中の茶屋跡園地という。ここは,風が強く日当たりも良いので雪が残っていない。


 正面の鞍部に「峰の茶屋」が見える。正しくは「峰の茶屋跡避難小屋」というらしい。ここは,風の強い茶臼岳周辺でも特に風が強いところで,時折,身体を持って行かれそうな強う風が吹く。風の様子を見ながら先に進んだ。


 峰の茶屋の手前に大きな雪渓がある。峰の茶屋に行かずに,この雪渓を登って山頂に向かうこともできる。


 朝日岳も西面は風当たりが強く,雪があまり付いていない。峰の茶屋から朝日岳に行くには,手前の剣が峰を越えなければならない。夏季には右から巻いて行くのだが,積雪期には雪崩の危険があり巻き道は通れない。そこで,積雪期に朝日岳に行くには剣が峰を越えていくことになる。反対に,夏季には岩が浮いて危険なため,剣が峰を越えることはできない。


 峰の茶屋の風影に腰を下ろし,茶臼岳の山頂方向を見上げた。さて,この先どうしようか考えた。風は徐々に弱まりつつある。身体を持って行かれるような風はしばらく吹いていない。山頂まで行くことを考えていなかったので,ピッケルとヘルメットは車に置いてきてしまった。ヘルメットもピッケルもあれば理想的だが,今日のような条件ならば無くても大きな問題ではないと考えて山頂を目指すことにした。


 風が強いためか,積雪は殆どない


 登山道にも雪は殆どない


 ミミズクの耳も直下から見上げるとあまり目立たない。


 山頂直下の大雪渓。登山道最大の雪渓も雪が締まっていて歩きやすい。


 鉄杭にエビノシッポが発達していた。いつも不思議に思うのだが,しっぽが風上の方に伸びていく。


 山頂の鳥居,奥に小祠が見える。


 山頂記念


 大倉山から流石山,奥に三倉山


 噴火口を一周してから下山した。雪解け時にはここに水が溜まり「釜沼」になる。


 大雪渓を降る。アイゼンが効くので安心して降ることができる。


 峰の茶屋を見下ろす地点まで下って来た。


 雪渓を横断して下山にかかった。


 朝日岳を目指すのか,剣が峰を登る人が見えた。間もなく正午だ。これから朝日岳に登るのだとすると時間的に少し遅いと思うのだが。


 鳥居まで下って来た。


 ロープウエイも運行を始めた。
 駐車場まで戻ってきた。


 大丸から峠の茶屋までの道路は12月から4月までは冬期閉鎖になる。この時期に茶臼岳に登るには,大丸に車を置いてそこから歩かなければならない。2004年2月に登ったとき(レポ)には大丸から歩いた。2015年4月に登ったとき(レポ)には,冬期閉鎖が解除された後だったので峠の茶屋まで車で行くことができた。
 
茶臼岳に登るとき,クリアしなければならない問題がもう一つある。それは風だ。峰の茶屋付近は強風が吹くことで有名だ。地形的な構造から,西から吹く風が集まって峠を越えるために強い風になる。強風が吹くのは冬だけではない。私も,峠の茶屋に行くことさえできずに途中で引き返したことが幾度かあった。そんな状況の中でも,今日は徐々に強風も収まり,山頂まで行くことができた。大満足の一日だった。
 帰路は,急ぐ事もないので,下道を通って自宅に戻った。

ページトップへ