朝日岳・茶臼岳

期日 2018年(平成30年) 3月18日(日)
 




コース・タイム
 自宅(6:01) ⇒ 那須岳ロープウエイ駐車場(7:17)
    駐車場(7:54) → 峠の茶屋(8:11-17) → 峰の茶屋(9:21-25) → 朝日の肩(10:20-23) → 朝日岳(10:34-38) →
      → 峰の茶屋(11:35-43) → 茶臼岳(12:39) → 昼食(12:50-13:10) → ロープウエイ山頂駅(13:33-40) → 駐車場(13:45)
 駐車場(14:00) ⇒ 自宅(16:02)

同行者
    単独

 那須岳ロープウエイは,3月16日に営業を開始した。それに伴って,ロープウエイ駅までの道路が開通する。その上の峠の茶屋駐車場までの道路が開通するのは更に後になる。今年は4月2日正午の予定だ。
 大丸から上の道路は,概ね12月から3月まで冬季閉鎖になる。そのため,その時期に茶臼岳などに登るには,大丸の駐車場に車を置いてそこから歩かなければならない。(例 2004−02−21 ⇒レポ
 昨年も,ロープウエイ駅までの開通に合わせて
茶臼岳に登った。(⇒レポ) 天気予報が好天を告げたので,今年も茶臼岳に登ることにした。ただし,今年は,雪の状態が良ければ朝日岳に登りたいと思っていた。
 6時に自宅を出て,
東北道を走って那須に向かった。少し走ると,前方左手に,朝日を受けた釈迦ヶ岳が見えた。北に進むに従って,上空の雲が消え,青空が広がった。


 湯本温泉を過ぎ,那須ホテル前の展望台から茶臼岳をと朝日岳を眺めた。天気は申し分なく最高だが,雪は少ない。


 1時間15分ほどで,ロープウエイの駐車場に着いた。車の中で朝食を食べ,身支度をした。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。,頭には
ニット帽を被った。今日の靴は,夏用のTECNICA6本刃の軽アイゼは,駐車場を出たところで履いた。ストックは2本をザックに取り付け,ピッケルを持って出発した。
DUNCO&BORORジャケットはザックの中に持ったが,今日は出番は無かった。ヘルメットもザックに中に持ってきた。もし,朝日岳に行けるようならば,峰の茶屋で着けることにした。


 車道を渡って土手を上ったところが広場になっており,ベンチも設置されている。ここからルートが始まる。ここでアイゼンを履いた。
ロープウエイの第一駐車場はほぼ満車状態で,後から着いたマイクロバスは,通行止め表示の前の路上に停めた。


 青空をバックにロープウエイ山頂駅が見える。時間が早いので,まだ動いてはいない。


 雪が締まっているので気持ちよくアイゼンが効き,気持ちよく歩ける。風は無く,暖かい。


 峠の茶屋駐車場は雪解けが進んでいる。昨年来たときにはまだ全体が真っ白だった。


 暑いので,ロッシュジャケットを脱いで薄いシャツを着た。これでも寒くは無い。頭のニット帽も脱いで,バンダナを巻いた。この状態で峰の茶屋まで行った。


 鳥居が半分雪に埋まっている。昨年の写真と比べてみても40cmほど雪が少ない。鳥居の正面の急斜面を登って尾根の上に出た。


 中の茶屋跡まで来ると茶臼岳の双耳峰が見える。山肌の雪は少ない。ここまで来ても風はほとんど無い


 雪渓を横切って峰の茶屋に向かう。今日は好天の日曜日とあって,登山者は少なくない。


 峰の茶屋は,入り口に板が打ち付けられおり,まだ冬ごもり中だ。


 峰の茶屋から見上げる茶臼岳 


 天気も良く,雪も安定しているので,朝日岳に行くことにした。一般的に,積雪期には,夏道を通らずに剣が峰を越えて行くのだが,今年はもう石が浮いていて,剣が峰を越えることはできない。剣が峰を巻いて,雪渓をトラバースすることになる。ヘルメットを被り,ロッシュジャケットを着て朝日岳に向かった。私がヘルメットを被る理由は二つ。一つは,上部からの落石から頭部を守るため。もう一つは,転倒滑落にときに頭部を守るためだ。この歳になっても命は惜しいし,何よりも大けがをすれば,家族や周囲にかける迷惑は計り知れない。もともとそのような危険な場所に行かなければ良いのだが,山が好きなのだからしょうが無い。


 かなりの急傾斜だ。トレースがあったのでそれを辿ったが,ベストなルートとは言いがたいルートだ。最初に足跡を付ける人は責任が重大だ。急傾斜なので転倒すると転落の危険があり最大限の注意が必要だ。ピッケルによる滑落停止の手順を思い出して確認した。


 雪渓を終えて少し進むと,エビスダイコクの奇岩が見える。岩に開いた穴から青空が見える。


 振り返ると茶臼岳の縞模様がきれいだ。


 日陰には雪が残り凍結している。アイゼンは着けているが,慎重に通過した。


 朝日の肩で小休止し,山頂に向かった。山頂には先行者がいる。


 茶臼岳とほぼ同じ高さになった。山頂の凹みが見える。



 山頂に着いた。
 山頂にいた人に写真を撮ってもらった。
 ここでゆっくりする予定だったのだが,こんな良い天気は滅多に無いから,勿体なくなった。
 
茶臼岳にも登りたくなった。


 山頂からのパノラマ写真 (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が」みられます。)


 流石山から大倉山三倉山へと続く稜線。こちらにはたっぷりと雪がある。


 峰の茶屋まで戻り,茶臼岳に向かった。雪は少ないが凍結しているところもあり,アイゼンを着けようか外そうか迷うところだ。
 遅くまで雪の残る,
山頂直下の大きな斜面。ここだけはアイゼンがあると安心だ。


 山頂神社の鳥居。鳥居の中に奥社が見える。お決まりのアングルだ。ロープウエイの利用者だろうか,軽装のハイカーが増えた。


 山頂標識に取り付けてある温度計は2.5℃を示している。暖かい。


 三角点脇の岩に腰を下ろし,昼食にした。今日はたっぷりと歩いたから,ロープウエイで降ることにした。昼食に20分ほどかけてから,下山を開始した。眼下にロープウエイの山頂駅が見える。


 ロープウエイ山頂駅の手前には大きな雪面が残っている。気温が上がってきたので,雪面はグシャグシャだ。


 13時40分発の便に乗った,この時期だけの景色が見える。


 駐車場に戻ってきた。マイクロバスはまだ停まっていた。この団体らしい集団には会わなかったが,どんなコースを歩いたのだろうか。


 これほど風の吹かない那須は初めてだった。気温も高く,汗もかいた。積雪期に朝日岳に登るのは長年の夢だったが,かなえることができて満足だった。それにしても,剣が峰東面の雪渓は,傾斜もあり緊張させられた。今日は雪崩の危険は感じなかったが,もう少し気温が上がると危なくなる。ただ,雪の上に,上部から転がり落ちてきた頭ほどの大きさの石が乗っており,落石の危険にも注意しなければならない。
 今日は,楽しく山登りができて大満足だった。
 帰路は,急ぐことも無いので,高速道は使わず,一般道を通って帰った。

ページトップへ