水 晶 岳 ・ 雲 ノ 平

期日 2009年(平成21年) 7月21日(月)〜25日(土)
 

第3日 7月23日(木) 黒部五郎小舎〜水晶小屋



第1日 7月21日(火) 出発〜太郎平小屋
第2日 7月22日(水) 太郎平小屋〜黒部五郎小舎
第4日 7月24日(金) 水晶小屋〜太郎平小屋
第5日 7月25日(土) 太郎平小屋〜折立

○ 第3日 7月23日(木)

コース・タイム (休憩を含んで)

 黒部五郎小舎(5:45) → 三俣蓮華岳(6:05-30) → 三俣山荘(9:15-35) → 鷲羽岳(11:20-12:00) →
                          → ワリモ岳(12:35) → ワリモ北分岐(12:55-13:05) → 水晶小屋(13:50)
                                          水晶小屋(13:55) → 水晶岳(14:30-55) → 水晶小屋(15:35)



 朝食4時30分。早い人は3時半頃からごそごそ始まったが,マナーは心得ており,必要以上の物音や話し声は無かった。今日は長い一日となるので,朝食はしっかりと食べた。
 コバイケイソウの向こうに,昨日はガスに隠れ勝ちだった笠ヶ岳と,そこから抜戸岳に繋がる稜線がはっきりと見えた。

 昨日越えてきた黒部五郎岳が朝日を受けて輝いている。



 右に目を移せば,薬師岳が,これも頂上まですっきりと見える。今日はこの3日間で最高の天気だ。

 小屋の裏手からすぐに急な登りが始まる。キヌガサソウの群落が出迎えてくれた。今日は,三俣蓮華岳まで450m,少しくだって,鷲羽岳まで400mを登る。今回の縦走では,累積高度差が最も大きい。先を急がず,ゆっくりとしたペースで登る。

 高度が上がってくると,黒部五郎岳と五郎カールの全体が見えてくる。

 黒部五郎岳から薬師岳にかけてのパノラマ。 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)

                                 笠ヶ岳が大きくなった。


  傾斜はあるのだが,開けた気持ちのいい道だ。


 山頂を通らずに三俣山荘へ直行する巻き道の分岐。こんな良い天気に,頂上をパスする理由はない。私たちは,右側の山頂への道を進んだ。

 左に目をやると,赤牛岳の左肩に立山が,そしてその左に劔岳がはっきりと見えた。思わず「ウワァー」と言った後,しばらくは言葉が出なかった。



 三俣蓮華岳の山頂が見えてきた。山頂にはたくさんの登山者が見える。
 山頂到着 山頂での記念写真(今回,二人で写っている写真は少ない) 

 山頂に飛び出した途端,目の前に大パノラマが広がった。どこから見ても見紛うことのない槍ヶ岳の尖塔を中央に,左にのこぎりの歯のような北鎌尾根,右に穂高連峰が,どんなワイドスクリーンでもはみ出すだろう角度で広がっていた。更にその左には大天井岳から常念岳に至る稜線が 
   (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)                             (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)



  黒部五郎岳から薬師岳,立山   (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 これから進む,鷲羽岳と左奥のワリモ岳。鞍部には三俣山荘も見える。


 山頂からは,雪渓を避けた「春道」を下った。ここにもキバナシャクナゲ
 三俣山荘には,衛星回線を利用した公衆電話がある。ここで自宅に電話を入れ,予定通り進行していることを伝えた。少し休憩した後,鷲羽岳に向かった。
 
荷揚げのヘリがやってきた。


 振り返って三俣蓮華岳



   キバナノコマノツメ 

 
          ミヤマキンバイ


  イワウメ
 急な斜面をゆっくり登って,鷲羽岳山頂槍ヶ岳は,すでにガスの中に姿を隠した。北鎌尾根がかろうじて見えた。


 山頂の南東眼下に鷲羽池が見えた。

 これから目指す
水晶岳方面 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


           水晶岳に向かう。

 イワベンケイ
                イワツメクサ

 ワリモ岳のピークは岩峰の上なので,巻き道の途中に頂上標識がある。
                      シコタンソウ


  鷲羽岳を振り返る。   

 ウメハタザオ ハタザオの仲間は多いが,これはウメハタザオ

                  タカネヤハズハハコ



 ハクサンチドリ
                                           イワオウギ


 ミヤマオダマキ

             ミヤマクワガタ

             チョウノスケソウ

 タカネツメクサ


 午後2時前に水晶小屋に着いた。疲れてはいたが,明日の天気は分からないので,荷物を預け,このまま山頂へ行くことにした。


 ツガザクラ
            タカネシオガマ

 途中から,雲ノ平が見下ろせる。木道が続いているのが分かる。

 北アルプス最深部の水晶岳今回の縦走の最高峰
 水晶岳から赤牛岳に続く縦走路 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)

 野口五郎岳 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 鷲羽岳,三俣蓮華岳が見える。  (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 水晶小屋,小屋に着くまで,この小屋に関する印象はあまり良いものではなかった。出発前,ネットで見たいろいろなレポには,「狭い」「いつもギューギュー詰め」と,良い印象は書いてなかった。定員30人という小さな小屋なので,いつも混雑しているらしかったが,この日は宿泊客約20人ということで,ゆったりだった。小屋も新しく,清潔で,スタッフの応対も良く,この小屋が好きになってしまった。

 
夕食はカレー カレーも御飯もおかわり自由。

 夕食後,外のベンチで懇談していると,高校生くらいの少年が,野口五郎岳方面の道に,足早に降りていこうとする。辺りが暗くなりかけたこの時刻に,出かけるのは尋常ではない。誰かが,「今からどこへ行くの?」と声をかけるた。すると,何のためらいもなく「高瀬ダム,日帰り!日帰り!」と言って走っていってしまった。そこにいた私たちは,一瞬耳を疑った。ここから高瀬ダムまでは,あのブナ立尾根の下りを含め,標準タイムで9時間半。正気の沙汰とは思えなかった。このまま見過ごしてはいけない気がして,小屋のスタッフに声をかけた。小屋の若い主人もすぐに出てきたが,どうしようもないという。このような人は時々いるらしい。
 最近,山岳マラソンとか,長距離日帰りを競う人が増えているらしい。私たちのような「山歩き」とは異なった山の楽しみ方だが,事故がないかチョット心配だ。


 今日は
行動時間10時間で,かなり疲れた。でも,好天に恵まれ「満足!満足!」の一日だった。
 布団に入ったのだが,隣の人のいびきがうるさく,なかなか眠れない。今回,
睡眠導入剤を持ってきたのだが,その効果は「」だった。

ページトップへ