社 山

期日 2017年(平成29年) 2月26日(日)
 


コース・タイム
自宅(6:40) ⇒ 歌ヶ浜P(7:34)
 駐車場(8:02) → 狸窪(8:34-38) → 阿世潟(9:16-21) → 阿世潟峠(9:48) → 山頂(11:56-12:14) → 昼食(12:49-13:13) →
     → 阿世潟峠(13:38-45) → 阿世潟(14:01-07) → 狸窪(14:34) → 駐車場(15:13)
歌ヶ浜P(15:21) ⇒ 自宅(16:20)

メンバー
 単独


 雪のある社山に登ろうと,天気予報と睨めっこをしていたが,冬型の気圧配置も緩み,好天が見込まれたので社山に登ることにした。積雪期の社山に登るのは,今回が6度目だ。2005年3月6日2006年2月18日2010年3月30日1012年4月8日,そして昨年の2月21日だ。
 
社山は春夏秋冬いつ登ってもそれぞれに趣があって私の大好きな山だ。積雪期でも,天候さえ問題なければ初心者でも安全に登ることができる。但し,上部は,むき出しの稜線を歩くことになるので,強風には注意しなければならない。登山者も多く,積雪直後でもない限りラッセルの苦しみはしなくても済む。私の経験からすれば,登山道を歩く限り,スノーシューは必要ない。その代わり,アイゼンは6〜12本爪のしっかりしたものがあると良い。
 8時30分までに歌ヶ浜を出発したいと考え,6時40分に宇都宮の自宅を出た。日光道路からは雪の載った
日光連山が見えたが,山頂には雲が被っている。


 細尾の交差点では,正面に男体山が見える。雪は多いようだ。


 第二明智トンネルを抜けたところから奥白根山が見えるのだが,今日は雲に隠されていて見えない。


 自宅を出て約1時間で県営歌ヶ浜駐車場に着いた。中禅寺湖の向こうには,今日登る社山が朝日を受けて輝いている。


 奥白根山は雲の中だ。


 男体山も朝日を受けて美しい姿を見せている。


 身支度をして出発した。

 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着た。頭にはニット帽を被った。今日の靴は,夏用のTECNICA。軽いので履きやすい。ザックの中に
の軽合金製の14本爪アイゼンチェーンアイゼンを持った。ストックピッケルはザックに取り付けてスタートした。


 日陰の部分には雪が残り,溶けた水が凍り付き,スケートリンクのようになっている。例年見られる,柵のつららは,今年は見られない。


 冬期閉鎖中の中宮祠足尾線から湖畔道に入ると,路面が凍結している。注意深く歩かないと滑って転ぶ。


 狸窪を過ぎ,八丁出島に繋がる尾根を越えて湖畔を進む。2011年2月5日にはこの尾根を登って中禅寺山に達した。 ⇒レポ


 途中で14本爪のアイゼンを着けたのだが,今日は夏用の底の柔らかい靴を履いてきたので,上手く固定できず,少し歩くとアイゼンが踵からずれてしまう。途中でベルトを締め直しながら歩いた。このアイゼンは,ネットで見つけたもので,軽合金製で軽さが売りのものなのだが,靴に固定する用具の形が悪く,上手く靴にフィットしない。帰宅したら改良しなければならない。阿世潟まで1時間15分かかった。


 圧雪の表面がクラストしているので,爪の短いチェーンアイゼンでも十分に効果があると判断して,14本爪のアイゼンを脱いで,チェーンアイゼンを履いて出発した。スノーシューの足跡もあったが,トレースを辿れば,壺足でも潜ることはない。


 約25分で阿世潟峠に着いた。夏時間と殆ど変わらない。


 尾根の南斜面(足尾側)には,雪は殆どない。昨年は雪が少なかったが,今年も同じくらい少ない。奥日光でも,湯元の方では雪はかなり積もっているのだが,ここは少ない。


 山頂が見える。でも,本当の山頂はあの白いピークのもう少し先だ。


 富士山が見えた。肉眼では見えても,写真には写りにくい。画像データを操作してコントラストを上げている。デジタルズームで拡大しているので,ピントも甘い。


 ニホンジカがすぐ前を横切った。ここのシカは警戒心が少なく,すぐには逃げない。冬毛がきれいで暖かそうだ。


 私が勝手に名付けた「社山キレット


 少し登って振り返ると中禅寺湖が広がっている。雲が上空を通過すると,陽射しが遮られる寒くなる。


 奥白根山の方向を見たが,依然として奥白根山は雲の中で見えない。


 風は弱く,陽射しの中を登っていると汗をかく。胸のファスナーを開けたり,手袋を脱いだりして体温を調節した。「汗をかかないように登る」が冬期登山の鉄則だが,私は汗かき体質なので,汗を全くかかないことは不可能だ。できるだけ汗をかかないように,こまめに体温調節を心がけることが,私の冬期登山の極意だ。


 北から吹き付ける風が,尾根に沿って雪を積もらせる。昨年は,強風のため,ここで登頂を断念したのだが,今日は山頂まで行けそうだ。


 山頂に近づくと雪が増える。


 これも私が勝手に名付けた「ロックガーデン」 ここを越えると,山頂は近い。


 山頂記念
 今日の社山の登山者は12〜15人ほど。今日は日曜日なので,積雪期にしては多い方だ。後から登ってきた登山者にお願いしてシャッターを押して貰った。
 今日は,駐車場から山頂まで
約4時間かかったが,私としては積雪期の普通のタイムだ。


 昼食は下山の途中で食べることにして,山頂では自宅に無事登頂を電話し,写真をfacebookに投稿してから下山を開始した。雪が腐ってきて,チェーンアイゼンが効かなくなってきたので再び14本爪アイゼンを着けた。アイゼンの踵が靴の踵から浮かないように,細ひもで縛り付けた。これでうまくいった。


 ロボット雨量観測所のピークから少し下った所に,風の当たらない,くぼんだところがある。昼食場所には最適だ。もう既に何度もここで昼食を食べている。今日もここで昼食にした。バーナーを持って行き,湯を沸かしてカップ麺を食べた。温かい物はそれだけで美味しい。昼食を食べていると,上空から白いものが舞ってきた。あまりゆっくりもしていられない。

 下りは速い。山頂から阿世潟まで,昼食休憩を含んで
1時間45分だった。夏季より速いくらいだ。更に,阿世潟から狸窪のゲートまで30分弱

 狸窪から駐車場までは,さらに40分


 奥白根山がやっと姿を現した。今日初めてその姿を見た。


 陽も傾き,社山はシルエットになった。


 駐車場の車は少し増えていた。 



 今日は好天に恵まれ,楽しい山歩きができた。登りでも降りでも,後から追いついた人がどんどん先に行ってしまう。嫌が上でも自分の非力さを感じないわけには行かなかった。でも,他人は他人,これからもマイペースを見失わないように歩き続けよう。

ページトップへ